精油、エッセンシャルオイルの格安通販店です。少量での販売もしています。

精油、エッセンシャルオイルで毎日を楽しく豊かな気持ちに。使い方も丁寧に紹介しています。









2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

※土日祝はお休みです。



エッセンシャルオイル


アロマテラピー
アロマテラピー

雑貨 通販



ショップベルのアロマテラピー通販
ショップベルのアロマテラピー通販

ホーム【精油はどう使うの?】

精油(エッセンシャルオイル)…香りを拡散して楽しむ利用方法


精油(エッセンシャルオイル)の使い方として、①香りを楽しむ(吸引)②肌に付ける、塗る等が有名です。ただ、精油(エッセンシャルオイル)には数百種類あると言われ、肌に付けると有害なものもあります。そこで、当店ではリラクゼーション効果にスポットをあて香りを拡散して楽しむ利用方法をご紹介致します。また、香りの拡散効果はお部屋の空気の殺菌・浄化も期待できます。気軽に購入できる通販ショップを是非ご利用下さい。


①アロマライト、ディフューザ

電気の熱を利用して香りを拡散させます。おしゃれなものが多くお部屋のインテリアも兼ねてご利用できます。一般的なお値段ですが、アロマライトは2000円前後、ディフューザは5000円前後で購入できます。

②アロマポット

ろうそくの熱を利用して香りを拡散させます。お値段は2000円前後からあります。ただ、置く場所や空焚き、火事に十分注意して下さい。また、熱しすぎると香りが変わってしまうこともあります。

 

③コットン、ティッシュ、ハンカチ等を使う

コットンに精油(エッセンシャルオイル)を数滴落とし、香りを楽しむことができます。一番地球に優しいエコタイプです。場所を選ばず手軽にできるという面では、ティッシュやハンカチでもOKです。大事な試験や面接、お見合い等の直前に、精油(エッセンシャルオイル)の香りを吸引することで緊張を和らげることもできるでしょう。ただし、香りの強いものは周囲の迷惑となりますのでご注意ください。※精油(エッセンシャルオイル)の種類によっては、ハンカチにシミができるものがあります。ご注意下さい。
 

④マグカップ

マグカップなどの容器に熱湯を注ぎ、精油(エッセンシャルオイル)を2~3滴落として香りを楽しむこともできます。普段ポットに入っている熱湯で対応可能なので、この使い方は手軽さでは一番です。ただし、小さいお子様の誤飲と香りが強いと咳き込む可能性があるので喘息の方にはご注意下さい。

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス